エステサロンの教科書

エステサロンの基礎知識を身に付けましょう。きれいに痩せれるおすすめサロンはどこ?

*

そもそもエステってどんな意味?エステの語源って何?

   

現代は多くの女性がエステサロンに通って様々なエステを行っていますが、体全体の美容術であるエステは、英語のエステティック(Aesthetic)の略語で、痩身や脱毛・美白などの美容術のことをいいます。

リラクゼーションも兼ねているエステは、この他にも美学・審美眼という意味も持っています。

エステの語源に歴史あり

エステの語源は、紀元前485年当時のペルシャ大王の妃、エステルの名前からきています。元々の生まれはユダヤ人のエステルですが、幼いころに両親を亡くしましたが、若くて美しいエステルは政治的な思惑の絡む人々の中でユダヤ人ということを隠して、ペルシャ大王の妃とさせられています。

エステをペルシャ大王の妃にさせたい周囲は、様々な方法でエステを美しくしようとエステを磨きます。食事から化粧品はもちろん、没役の薬や香水で磨きあげるほか、エステの望みどおりの衣装や宝石を与えたと言います。

今で言うエステの集大成ともいえる全身美容とリラグゼーションで彼女を磨きあげて、首尾よく王の妃にさせることに成功しています。

現代の美を求める多くの女性がエステを行う場所をエステサロンと呼び、エステの施術者「エステティシャン」がエステサロンのなかで様々な種類の施術法を用いてエステを行っています。

エステサロンでの施術の方法は、美顔機器や超音波マシンなどの機械も使われますが、全身美容と心の安らぎは関係しているので、より高いエステ効果を目指すためにリラクゼーションが大事にされています。

心身共に美しくなれる場所、エステサロンでは、肌の状態を知る観察力や痩身に関する知識が必要で、エステシャンはエステの施術以外にも食の指導や運動に関するアドバイスもしています。

以前は特別な人が行くような感じのエステサロンでしたが、今では若い方から中高年の方まで幅広い年齢層で利用するようになっています。

 - エステの豆知識

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

エステの必要性と心のあり方/エステは外見だけではなく内面もきれいにする

エステは高額なことと、そして病気のように必ずしも病院へかかるものでもないので、贅 …

エステの歴史について

女性の美への追及は昔も今も変わらない エステはかなり古い時代から美を求める女性が …

エステサロンの料金について

多くの女性が通うようになったとはいえ、まだまだ高額というイメージが強いのがエステ …